三重県伊勢志摩のチニング〜キビレの群れ発見と連発

三重県伊勢志摩でチニングをすると気がつくのがクロダイがめっぽう多いことです。数が多いこともありますが比率も高いためキビレが少なく感じてしまいます。

▪︎キビレに遭遇して気がついたこと

私のチニングはもともとホームとしているフィールドがクロダイとマゴチが多くそれらを中心に探してきたのですが、先日キビレが回遊してきて気がついたこと。それはイージーだということです。キビレがクロダイと比較してルアーに対しての反応がめっぽう良いことは今や全国的に知られてきていますが、いつもならおそらくクロダイだろうというショートバイト、ワンバイトで終わるという事象が、キビレだと最後の最後、フッキングするまで食ってくることが身をもって実感しました。

 

そこで今回はしっかりとキビレを探すことを目的に目線を変えてチニングをしてみることにしました。

▪︎キビレ開拓〜他方面の湾、河川

ポイントや湾の名前は控えさせていただきますが、そもそも三重県はキビレが生息していますし、チニングで釣れないことはないだろうということで様々な方面や河川を調査に行ってみることにしました。

 

ポイントとして選ぶ条件は各小河川の河口です。三重県には大河川がありますが、小さな流れ込みのような河川が圧倒的に多いです。よってその河口域をテンポよく探っていくことにしました。

 

まずは第一ポイント。ここは河口域と小規模のワンドが隣接します。キャストしてみると思いの外浅くカキガラが荒いです。ウエイトを軽くして調整する必要がありそうなので回収しようとするとガツガツ!っと当たります。水面で直ぐにバレてしまいましたが明らかにチヌのアタリです。

 

直ぐにシンカーを10→7gに変更してキャストします。大きめのボトムバンプでカキガラを広く交わすように探ると着底と同時にドーンとティップが持っていかれます。フッキングが同時に決まってファイト開始です。右へ左へ走り回る個体を上手く誘導して上がってきたのは40クラスのキビレでした。

f:id:fishing-aquarium:20240602140706j:image

▪︎河川奥からアタリ連発

キビレがいることがわかったので河川の奥の方からどんどんと探って行きます。この河川の奥の方はカキ瀬や障害物が少なそうなのでズル引きで広く探って行きます。

 

ここからアタリが連発します。弾くようなバイトから押さえ込むようなバイト。どれをとってもおそらくキビレです。どのタイミングでフッキングに行くかの練習になるほどよく当たります。

f:id:fishing-aquarium:20240602140751j:image
f:id:fishing-aquarium:20240602140756j:image

中〜小型主体ではありますが、これだけの群れを当てれたのが始めてたのでとても嬉しく感じます。

 

面白いのがあまりフッキングをしなくてもフックアップが決まることです。バイト後に左右に頭を振っているのでその時にオートマチックにかかることが多いのではないでしょうか。

f:id:fishing-aquarium:20240602140832j:image

オフセットフックを使っているのでフッキングをしないと!という概念は捨てた方が良さそうですね。

 

もう一度ワンドに戻るとまたしてもアタリが連発します。こちらのワンドはやはり根が荒いのでボトムバンプにただ巻きを混ぜたような早い釣りが良さそうです。リグが底から明らかに離れていますが、次の着底でバイトが高確率で出ます。

f:id:fishing-aquarium:20240602141319j:image

中型サイズを3枚ほど追加してこのポイントを移動します。

▪︎やはりココにもキビレ!もしかするとポイント♾️!?

私の釣りはポイントの引き出しの数で成り立っています。普段からダメ元で色んなところに糸を垂らす習慣があります笑

 

そしてこのキビレの探し方にキーポイントを見つけました。ココが釣れるならあそことここも釣れるのでは?ということで色々と回ります。何ヶ所か回った後のあるポイント。

 

ドが付くほどのシャローエリアです。偏光グラスで見るとほぼ底は見えますが、ひとまず流れの筋はあるのでそこにリグを投入すると着底を待たずしていきなりラインがスパーっと走ります。同時にファイト開始です。右へ左へ水を切りながら走るそれはまさしくキビレでした。

f:id:fishing-aquarium:20240602142114j:image

良型のキビレです。釣れたこともそうですが、やはりここにもいるか!という嬉しさが込み上げてきます。

 

そして少し移動してもう一つの流れの筋にキャストするとまたしても着底を待たずしてファイト開始です。シャローで掛けると本当によく引きますね!

f:id:fishing-aquarium:20240602142320j:image
f:id:fishing-aquarium:20240602142316j:image

この後もワームカラーを変えながらズル引きをすると元気よくひったくっていきます。

f:id:fishing-aquarium:20240602142425j:image

こちらはもう水から上げずにリリースしました。

 

雨が強くなってきたのでここで写真撮影はやめましたがこの日画像データに残っていたキビレは9枚。少なくとも他に5枚は釣っていたので14枚は最低釣り上げたかと思います。

 

数を自慢したいわけではありませんが、こちら伊勢志摩のチニングポテンシャルを見出せた嬉しさがありますね。

 

シーズン序盤ですのでこれからマゴチと併用で本格的にサーチしていきたいところです。

 

〜tackledata〜

rod:Smith BL-C812ML/AKBM

reel:Daiwaジリオンhdtw 1000xg

line:ygk アップグレード×4 #0.8

worm:Smith コーバイチュー

hook:Smith コーバイフック